地域防災教育研究部門

地域防災教育研究部門を担う地域防災研究センターは、専任教員、兼務教員、研究協力員、客員教員等が学内外から参画し、地域防災や東日本大震災からの復興に資する研究・教育を進めています。当センターの特徴は、その名前の示す通り、地域防災に焦点を当てていることにあります。 津波、火山、地震、洪水など、災害は発生から復旧・復興まで、場に強く依存する性質を有しており、岩手や東北という地域特性に根ざした防災研究・教育に取り組んでいます。身近なフィールドとの長期的な関わりを大切にし、地域の防災上の課題を抽出しながらその改善に向けてアプローチしている教員が多数所属しています。

東日本大震災以後、当センターの自然災害解析、防災まちづくり、災害文化からなる3部門に所属する教員は、被災地域に入り、被災状況調査、地震・津波などの解析、復旧・復興まちづくりの支援、教育活動支援や伝承・記録の支援等を、地域の人々とともに実践してきています。岩手の地域防災研究の拠点であること、岩手三陸をはじめとする被災地の復興に資するプラットホームになることが、当センターの使命にほかなりません。 東日本大震災のからの復興への取り組みを加速すべく地域とともに研究・教育を進めること、さらには阪神淡路大震災、中越地震などの震災・復興の体験をもつ国内外の大学、また南海トラフ等の今後の震災が危惧されている地域の大学との連携を深め、過去・現在・未来を貫く相互の学びの場の創出へとつなげることが当面の課題です。

事業目的

  • 1.三陸沿岸での安全・安心な地域づくり
  • 2.災害文化の醸成・実践・継承
  • 3.三陸モデルの発信

事業実施概要

  • ・ これまで岩手大学で実施してきた地域密着型の活動(防災体制構築への支援、防災教育など)をさらに拡充し、東日本大震災による被災地への復興に向け、「施設づくり」「まちづくり」「ひとづくり」に貢献
  • ・ 地域特性に応じた防災対策と、津波常襲地帯に暮らすための知恵である災害文化からなるボトムアップ型防災システム(三陸モデル)を構築
  • ・ 三陸モデルを、今後巨大地震の発生が危惧される東南海地域など全国・世界に発信
  • ・岩手県や県内市町村棟の近隣地方自治体との連携の下、地域の中核的研究拠点を形成
  • ・ 他大学、他研究機関と連携し、相互補完的な事業実施により効果的な成果を創出
  • 地域防災研究センターホームページはこちら