ものづくり技術教育研究部門

ものづくり技術教育研究部門は、ものづくり技術研究センターと連携して活動が行われています。
ものづくり技術研究センターは、これまで岩手大学が蓄積してきた金型技術、鋳造技術及び複合デバイス技術等、工学系分野の実績を活かし、これに農学系分野、社会科学系分野まで含めた全学体制でのものづくり技術の総合的研究拠点として、ものづくり技術に関する研究のさらなる発展を目指すとともに、研究成果とものづくり技術を地域産業等に提供し、新産業の創出及び高度専門技術者の育成を通じて地域産業等の発展及び岩手の基幹的産業の高度化を図ることを目的として、平成28年4月に設置されました。 センターには「金型技術研究部門」、「鋳造技術研究部門」及び「生産技術研究部門」が置かれ、それぞれ「金型技術研究センター」、「鋳造技術研究センター」及び「生産技術研究センター」と称しています。 金型技術研究センターでは、金型技術に関する「技術研究の高度化」「国際的な拠点の形成」「研究成果の地域産業への提供」「高度専門技術者の育成」「新技術・新商品の開発を通じた地域産業等の国際競争力の向上」を目的として、地域と大学との連携のもと、金型の設計、加工、表面処理などの要素技術とプレス加工、モールド加工の応用技術の融合と実用化を通して、地域産業の活性化と人材育成を図ります。なお、北上市にサテライトを設置しています。

鋳造技術研究センターでは、鋳造技術に関する「研究開発」「産学連携」「人材育成」「ものづくり教育」「啓発広報」「国際交流」を目的とし、鋳造技術の研究開発の拠点として基礎研究、産学官連携による共同研究、学生・社会人、地域技術者の人材育成、地域のものづくり教育支援を行います。なお、奥州市にサテライトを設置しています。 生産技術研究センターでは、生産技術に関する「技術教育」「研究」「地域産業の活性化」「人材育成」など産学官のニーズに対応することを目的に、地域と大学との連携のもと、様々な産業にとって有用な生産技術の創造と実用化に取り組み、地域産業の活性化と人材育成を推進します。なお、花巻市にサテライトを設置しています。