岩手大学発 ベンチャー企業 ベンチャー企業の事例紹介

株式会社ティーアンドケー

大学の知識と地域のものづくり技術を融合させて付加価値の高い製品を生み出し「地産外消」を確立したい

会社設立早々、携帯電話と接続する超小型プリンタやテレビ電話による遠隔操作システム「テレビポケット」を発売し、話題を呼んだアイカムス・ラボ。

写真:株式会社アイカムス・ラボ 代表取締役 片野圭二

完成品での商売は難しい

「大学と連携すると、先生方だけでなく常時学生や院生も出入りし、その知恵と力を借りられる。他県に就職しても、いずれは岩手に戻って活躍していきたいという人財の受け入れ先になりたい」と片野社長アイカムス・ラボは岩手大学の金型・トライボロジーの技術と、地域の精密加工技術と連携し、プラスチック歯車を中心に、マイクロメカニズムをコアとした製品と技術を開発している。

同社が、未来志向のコミュニケーションツールを世に送り出そうと、携帯電話と接続する超小型プリンタ「プリンパクト」を開発したのは、平成16年。続いて平成17年には携帯電話(NTTドコモFOMA)を使い、テレビ電話をしながら遠隔でカメラ視点を変え、部屋の様子などを知ることができる「テレビポケット」を発売し、注目を浴びた。

「ヤフーがトップで紹介してくれたこともあり、発売時は話題になりましたね。しかし、面白いけどキラーコンテンツが見つからないため、量産化には至らなかった。もしかしたら売れるかもしれないでは、商売は成り立たない。マーケティング、宣伝、販路などの総合力において、私たちのような小さな会社は太刀打ちできません。完成品を売ることの難しさを知らされました」と、片野さんは振り返る。

現在は受託開発をもう一つの事業として展開し、安定した収入を得ながら自社製品を開発している。「今日のめしと明日のめし」の両立が大切だと片野さんは言う。今日のめしは、今日の生計を得ること、明日のめしは未来への夢。両方が大切であり、そのバランスをどうとっていくのかが、経営の勘所なのだという。

強みに戻って再スタート

プラスチックマイクロ歯車を用いた小型・軽量の高精度なマイクロアクチュエータアイカムス・ラボの設立は平成14年。片野さんはそれまで大手電気メーカーに勤めていたが、盛岡工場が閉鎖されることになり独立を決意した。「18年間会社に勤めてきたので、外に出て別なことをしてみたいと思っていた」という。

退社した片野さんは、自分の技術を生かした「小型IT機器用減速装置の開発」を平成14年度経済産業「地域新生コンソーシアム研究開発事業」に応募し、見事採択される。その研究過程で会社を設立し、一つの目標であった超小型プリンタを開発した。

超小型プリンタもテレビポケットも、コアの技術になっているのはマイクロ歯車である。一つの完成品として販売するハードルが高いなら、その部品(モジュール)を商品化して販売する方向に事業転換を図った。現在はこの技術を使用した計測医療機器、計測医療分析器などの精密部品が好調である。

「最初は欲張って完成品を売ろうとしたのですが、原点に立ち返ってまず自分たちの強みで勝負しようと。しかし、ヤフーでトップ紹介してくれたプリンタは今でも当社の営業をしてくれるので役に立っていますよ」と片野さんは笑う。

「地産外消」の確立を目指せ

製品開発風景社員も増え、資本金も増額するなどアイカムス・ラボは順調に成長を遂げてきた。社内に入ると30歳前後という若い社員が多く、真剣な眼差しが熱い。

片野さんは起業以来、「大学と地場企業が連携することによって、商品の開発から製造まで一貫して行い、岩手でものづくりを完結する」という強い意思を持って進んできた。大手の企業からM&Aの話を持ちかけられたときは「子会社になるために会社をつくったのではない」と、即座に断った。

これまで幾つか紆余曲折はあったが、起業を志した信念を曲げることなく、岩手で開発して、ものづくりまで地場で完結するというビジネスモデルを確立しつつある。「製品の部品も地場産で、お客さんは外。外資を岩手に持ってくる地産外消を確立したい。最初からそういう地域貢献への思いで事業を進めてきたので、起業して良かったと思います」と片野さん。

起業してから5年。初めの1年間は八幡平市の古い貸し工場から出発した。「冬は寒くて中にいても凍るくらいでした。決してヌクヌクした環境ではなかったが、夢と希望があったので、苦労さえも楽しかった。それが最初の原点です」という言葉が力強く胸に響く。

かたの・けいじ

1961年岩手県盛岡市生まれ。1984年上智大学理学部機械工学科卒業後、(株)アルプス電気に入社。主にプリンタの開発設計や技術開発業務に携わる。2002年、同社の盛岡工場閉鎖に伴い退社。同年8月(財)いわて産業振興センター研究員として採用。2003年5月に退職し同社を設立した。同年、大阪工業大学より博士の学位を取得。2007年9月、全国大学発ベンチャービジネスモデルコンテストものづくり分野大賞を受賞。

株式会社アイカムス・ラボ

業務内容 マイクロ歯車機構を中心にしたマイクロメカニズムの研究開発と、この技術を応用した情報・計測・医療機器等の製品の開発と販売
設立 平成14年5月28日
社員数 14名
資本金 2916万円
住所 〒020-8551 盛岡市上田4丁目3-5 盛岡市産学官連携研究センター201室
TEL 019-654-0443
FAX 019-654-0445
E-mail info@icomes.co.jp

↑ このページの先頭へ