平成29年度いわて産学官連携フォーラム 
~リエゾン-Iマッチングフェア~

実施要領

 いわて産学連携推進協議会(リエゾン-I)では、リエゾン-I参画研究機関等によるパネル展示やリエゾンーI事業化育成資金贈呈企業による産学連携の取り組み事例などの幅広い情報を提供する機会を通じて、東北地域の産学官連携を促進するために以下のフォーラムを開催する。

1.大会名称
いわて産学官連携フォーラム リエゾン-Iマッチングフェア2017

2.開催日時
平成29年11月15日(水) 12:30~17:15(※17:30~19:00交流会)

3.場所
 岩手大学復興祈念銀河ホール  (〒020-08551 岩手県盛岡市上田4丁目3-5 )

4.主催

いわて産学連携推進協議会(リエゾン-I)
岩手大学岩手県立大学岩手医科大学一関工業高等専門学校東北農業研究センター
岩手県工業技術センター岩手県農業研究センター岩手県林業技術センター岩手県水産技術センター
岩手生物工学研究センター岩手銀行日本政策投資銀行北日本銀行

5.共催

 岩手県、(公財)いわて産業振興センター岩手ネットワークシステム(INS)岩手農林研究協議会(AFR)いわて未来づくり機構 

6.後援(予定)
国立研究開発法人科学技術振興機構、岩手県中小企業家同友会(一社)東北経済連合会盛岡工業クラブ
東北地域農林水産・食品ハイテク研究会

7.対象、参加人数
東北地域の中小企業及び産学官連携関係者 約200名

8.参加費
無料(但し、交流会のみ2,000円/人)

9.プログラム
(1)基調講演・・・・・・・・・13:05~14:05
(2)リエゾンーI紹介・・・・・14:05~14:20
(3)リエゾンーI研究開発事業化育成資金贈呈企業によるプレゼンテーション・・・・14:20~15:00
(4)研究機関のパネル等展示およびショートプレゼンテーション・・・・12:30~17:15

サイクル炭素繊維の事業概況と  自動車用途への展開

10.プログラム概要

<会 場:岩手大学復興祈念銀河ホール>(13:00~15:00)


○主催者挨拶(13:00~13:05)
リエゾンーI代表 岩手銀行  

○基調講演(13:05~14:05)

”未来を生きて、欠けているものを作ろう”
「スタートアップ思考が生み出す社会インパクトの可能性」

株式会社フォルテ 代表取締役社長 葛西 純 氏

○リエゾンーI紹介(14:05~14:20)
「いわて産学連携推進協議会(リエゾンーI)の活動について」
    リエゾンーI代表 岩手大学理事(復興・地域創生・男女共同参画担当)・副学長 菅原 悦子

○リエゾンーI研究開発事業化育成資金贈呈企業によるプレゼンテーション(14:20~15:00) 


(株)モディー(一関市)
 PIUS Education Version「次世代エンジニアの為の実践型トレーニングキット」

アイカーボン株式会社(八戸市)
リサイクル炭素繊維の事業概況と自動車用途への展開

<会 場:岩手大学復興祈念銀河ホール2F>(12:30~17:15)

○個別相談会(13:00~17:00)*会場:パネル展示会場内特設コーナー
・研究機関(研究者)と企業とのマッチング
・企業・研究者の支援機関への個別相談等

○研究機関、支援機関およびリエゾンーI研究開発事業化育成資金贈呈企業のパネル等展示 (12:30~17:15)

研究機関            

(1)岩手大学

  タイトル 所属 氏名 概要
1 「分子接合技術」の社会実装促進における岩手大学の取り組み 理工学部 平原 英俊 現在、政府の総合科学技術・イノベーション会議が主導する SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) /革新的設計生産技術において、本学のシーズ「分子接合技術」を活用し、幅広い製品分野において新たな機能性部材や軽量・低コストな製品を数多く創出する取組を進めています。現在、参画する企業を募集しております。詳しくはHPを参照ください
2

多層グラフェンの積層数評価とその応用 理工学部 中山 敦子 グラフェンの遮光性を利用した本計測技術により、単層から30層までのグラフェン積層数を数えることが可能です。簡便で正確、非破壊かつ大がかりな装置を必要としないため、工業利用が期待される10層以上の積層数の評価が容易です。
3 水を加工液に利用する安全クリーンな機械加工システム 理工学部 西川尚宏 車や半導体等の機械部品等は機械加工(切削・研削)で製造されるが,その際の油剤等薬剤を含む従来加工液を,水に代替して廃液処理・コスト削減し超精密・高能率加工する水加工システム:電気防錆加工法を紹介する.
4 高電圧・放電プラズマの農業への応用 理工学部 高橋 克幸 高電圧および放電やプラズマを用いて,環境中の植物の病原菌や有害物質を分解除去することにより,農産物の生産効率の向上および,鮮度保持による長期保管・輸送を可能とします。
5 定量充填作業用ロボットシステムの開発 理工学部 三好 扶 定量充填作業は、人海戦術に頼っているのが現状で、高度に洗練された熟練作業に依存している。本研究では、熟練作業者のノウハウを人工知能化(機械学習)し、これによってロボットシステムを構築している。
6 ゲノム編集技術を用いた動物作製・技術開発と研究・産業への応用 理工学部 金子 武人 ゲノム編集技術を用いた動物の作製および技術開発を行っている。ゲノム編集技術を用いて、医学・創薬研究に用いるヒトの病気の症状を示す病態モデル動物や産業利用可能な動物の作製を積極的に進めている。対象種は、哺乳類、鳥類、魚類等が中心であるが、それ以外の動物種についても対応する。
7 フリーズドライ技術を用いた生物遺伝資源バンクの構築 理工学部 金子 武人 インスタントコーヒーなどの製造に用いられるフリーズドライ技術を用いて生物遺伝資源バンクの構築を行っている。フリーズドライ技術により保存した細胞は、液体窒素を必要としない室温や冷蔵庫での長期保存が可能である。災害等により液体窒素が確保できずに遺伝資源を喪失するというリスクがない簡易・安全・低コストの遺伝資源保存技術である。対象種は、哺乳類、鳥類、魚類が主であるが生物全般を対象とする。
8 植物のストレス早期診断マーカーの検証と活用 農学部 鈴木 雄二 環境ストレスで光合成が制限されると、光エネルギーにより生産される電子が余り、活性酸素が発生し細胞にダメージを与える。この「電子余り」の状態を検出し診断マーカーとする、そのシステムの検証と活用の研究を進めている。
9 オキアミ由来リン脂質の新規機能性の開発 農学部 西向 めぐみ アトピー性皮膚炎モデルマウスにオキアミ由来リン脂質を摂取させたところ、症状の緩和および皮膚脂質組成に改善が見られた。これはオキアミ摂取によるアトピー性皮膚炎緩和の可能性を示唆している。
10 利益を生み出すデザインの有効性 人文社会科学部 田中 隆充 岩手県でこれまで行ってきたデザインの活用事例を紹介し「芸術学と工学の融合」である「デザイン学・芸術工学」を地域産業で有用することで“企業,組織,地域のブランド”を支援します.

 

(2)岩手県立大学

  タイトル 所属 氏名 概要
11 農業ビッグデータの解析と農業人材育成への応用 ソフトウェア情報学部 高木正則 りんご農園に人感センサ付きWebカメラを設置して撮影された農作業の様子や、撮影画像から農作業内容を自動判別する技術、圃場で記録された情報を活用した農業人材の育成に向けた取組について発表する。
12 メッシュ農業気象データ利用基盤システムの開発 ソフトウェア情報学部 南野謙一 農業分野等での気候リスク管理に活用可能な気象データの利用基盤システムを開発した。被害予測等の計算式を登録し計算を行い、その結果の地図上への可視化やその結果に基づき警戒情報のメール配信が可能である。
13 資料の関連に着目したデジタルアーカイブシステム ソフトウェア情報学部 富澤浩樹 本技術は,デジタルで作成された資料に,既存資料を関連付けて登録しすることのできる デジタルアーカイブシステムである。
14 健康な人から病気を学ぶ!異常音聴診システム 看護学部 三浦奈都子 医療従事者養成で必須の聴診演習のため、健康な患者役の呼吸に同期させて、異常な状態の呼吸音を再現できるシステム。Kinectを活用して、聴診器が当てられた身体の位置、順序、当てている時間の検出を実現。
15 シミュレーション教育に!意図的な異常値表示システム 看護学部 三浦奈都子 シミュレーション教育・訓練において、より現実感のある現場を再現するため、デジタル測定器を用いて何らかの計測をする際、疑似的に実測値とは異なる任意の値を表示できるシステム。

(3)岩手医科大学


  タイトル 所属 氏名 概要
16 岩手医科大学知的財産本部リエゾンセンターの紹介 岩手医科大学知的財産本部リエゾンセンター 吉野明仁 「リエゾンセンター」は学術研究の振興と成果の社会への還元を目的とし、その推進と実行を担当する部門であり、産学官の各種機関と有機的な連携を実現し、戦略的に知的財産の創出・保護・管理・活用に取り組む。

(4)一関工業高等専門学校


  タイトル 所属 氏名 概要
17 着霜現象の解明と新しい除霜技術 未来創造工学科 井上 翔 霜層が熱交換器等に成長すると、熱交換量が初期に比べ減少するが、着霜が発生しないと、25%も低下してしまう。そこで、除霜しやすい冷却面と短時間の除霜方法により、着霜に関する新しい解決方法を提示する。
18 潤滑状態のその場観察による潤滑剤の評価 未来創造工学科 滝渡 幸治 潤滑状態における潤滑剤の挙動を直接観察することで、潤滑剤の開発および設計に役立つ情報を得ることができます。また、潤滑剤の性能を評価する手法としてもその場観察は有効です。

(5)東北農業研究センター

  タイトル 所属 氏名 概要
19 製パン適性に優れた寒冷地向け小麦品種「夏黄金」 畑作園芸研究領域 谷口 義則 東北地域のパン用主力品種「ゆきちから」よりもパン生地の力が強く、「ゆきちから」では難しかった食パンをはじめ、様々な種類のパンを製造できる小麦品種「夏黄金」を育成しました。
20 油粕を飼料として利用できる寒冷地向けナタネ品種「きらきら銀河」 畑作園芸研究領域 川崎 光代 大量に摂取すると心臓に疾患を生じる可能性があるとされるエルシン酸を含まず、家畜が大量に摂取すると甲状腺肥大を引き起こすとされるグルコシノレート含量が低いナタネ品種「きらきら銀河」を育成しました。
21 東北地域などの寒冷地向け黒大豆品種「黒丸くん」 水田作研究領域 菊池 彰夫 大粒で煮豆に適した寒冷地向けの黒大豆品種「黒丸くん」を育成しました。多収の晩生品種で、倒れにくく機械化栽培に適します。
22 東北・北陸地域に適したタマネギの春まき夏どり作型の開発 畑作園芸研究領域 山崎 篤 東北・北陸地域のタマネギ生産においては秋まきが慣行であり、厳しい越冬条件等によって生産性が低い状況に置かれていましたが、春まき作型を導入することで安定的な栽培が可能になります。
23 水田の排水性を良好にするトラクタで利用できる浅層暗渠施工器 生産基盤研究領域 冠 秀昭 排水機能を強化するため、農家の所有するトラクタで容易に暗渠を施工できる浅層暗渠施工器を開発しました。
24 無コーティング種子代かき同時浅層土中播種技術 水田作研究領域 白土 宏之  東北地域の稲作では、鉄コーティング等で種子をコーティングする湛水直播栽培が増えていますが、浅い土中に播種することにより、種子コーティングが不要で省力・低コストの湛水直播栽培技術を新たに開発しました。

 

(6)岩手県工業技術センター

  タイトル 所属 氏名 概要
25 粒体の供給装置(自動播種ロボット) 電子情報技術部 箱崎 義英  野菜の裸種子等の粒体を所定間隔で列を成して供給するようにした供給装置。先端がくぼんだ粒体保持部を有する押出部材をスライドさせ必要個数分を保持し供給する。既存播種機では扱えない不定形な裸種子が利用可能。
26 分子接合剤を用いた金属への漆工処理技術の開発 機能表面技術部 村上 総一郎 金属への漆の密着性は著しく低く、接着性向上が高付加価値製品開発における重要な課題です。本研究では、漆塗装の前処理に分子接合剤を用い、実用的な接着強度を得ることに成功しています。
27 セルロースナノファイバーを利用した機能性塗料の開発 機能表面技術部 樋澤 健太  セルロースナノファイバー(CNF)の利活用として塗料にCNFを添加して、増粘作用に着目した液だれ等の塗工作業性の改善と高強度塗膜を実現する機能性塗料の開発を行っています。
28 金属積層造形を利用した3次元水路を配した金型試作 素形材技術部 黒須 信吾 金属積層造形を用いて、3次元水路を内部に配したプラスチック射出成形金型部品を試作し、その効果を実機評価により検証しました。成形に係る時間が短縮され、サイクルタイムの短縮が実現しました。
29 コンプウッド処理木材の曲げ加工性の向上 デザイン部 茨島 明  木材を縦方向に圧縮することで曲げ木加工を容易にするコンプウッドシステムにおいて、圧縮処理時間を通常の時間(約10分)よりも長くすることで、木材をこれまでよりも小さい半径で曲げることが可能になった。
30 南部鉄器の鋳肌模様をデジタル作成しました デザイン部 小林 正信 鋳造品の鋳肌模様を3次元CADにより作成し、そのデータで切削加工したマッチプレートによる鋳造品の製造を試みた。その結果、マッチプレートの製造時間や製造コストが従来の1/2程度にできることが分かりました。
31 新種麹「南部もやし」を使った新しい醤油「互醤丸」 醸造技術部 畑山 誠  新しい醤油用種麹を開発し、「南部もやし」と命名した。この種麹はグルタミナーゼ活性が高く、グルタミン酸を多く遊離することが特徴。南部もやしで造られた醤油は「互醤丸」と名付けられ、10月に販売が開始された。
32 スマイルケア食に対応する県内郷土料理の惣菜製品開発 食品技術部 武山 進一  高齢者市場を見据えた柔らか惣菜製造の検討として、岩手県各地の代表的な郷土料理を取り上げ、医療機関の協力を得て実施した、”スマイルケア食”(農林水産省が推進する新しい介護食品)に対応する惣菜製品の開発

 

(6)岩手県農業研究センター

  タイトル 所属 氏名 概要
33 タッチパネルでかん水管理が容易な日射比例式かん水コントローラの開発 技術部 藤尾 拓也 農業現場で用いられるかん水制御機器は、水の利用効率や汎用性に課題がある。そこで、タイマー式かん水と日射変動に応じた追加かん水を組み合わせ、低コストで簡易操作が可能なかん水制御盤を開発した。

(7)岩手県林業技術センター

  タイトル 所属 氏名 概要
34 ホンシメジの人工栽培に向けた取組み 研究部 成松眞樹 マツタケやホンシメジといった菌根菌は人工的な栽培が困難とされていましたが、当センターではホンシメジの人工栽培に結びつく技術開発に一定の成果を得ており、これを発表いたします。

 

(8)岩手県水産技術センター

  タイトル 所属 氏名 概要
35 ワカメ陸上刈取り装置の開発 企画指導部 佐々木律子 漁場から港内に曳航したワカメ養殖桁を陸上に巻き上げる装置です。従来の刈取り作業は小型漁船上で前屈みの姿勢で作業しますが、当装置導入により、陸上で楽な姿勢で作業ができるほか、作業時間が3割に削減できます。
36 定置船搭載型ワカメ刈取り装置の開発 企画指導部 佐々木律子 ワカメ養殖桁を大型の定置船上に巻き上げる装置です。従来の刈取り作業は小型漁船上で前屈みの姿勢で作業しますが、当装置導入により、大型船上で楽な姿勢で作業ができるほか、作業時間が73%に削減できます。
37 ワカメ自動間引き装置の開発 企画指導部 佐々木律子 ワカメ養殖桁を連続的に船上に引上げ、専用の刈取り刃により連続的に間引く装置です。従来、船上で前屈みの姿勢で作業しますが、当装置導入により、楽な姿勢で作業できるほか、作業時間が約5割に削減できます。

(9)岩手生物工学研究センター



  タイトル 所属 氏名 概要
38 岩手県産米のフラッグシップ金色の風開発裏ものがたり ゲノム育種研究部 阿部 陽  コシヒカリを超えるお金を目標に開発された「金色の風」。その開発の裏側には、さらに多くの研究開発がありました。ここでは、「金色の風」開発の基礎となった表舞台には出てくることのない岩手生物工学研究センターにおける研究ストーリーを紹介します。
39 いわて農林水産物機能性活用研究会について 生物資源育種研究部 矢野 明  いわて農林水産物機能性活用研究会は、岩手県産農林水産物の健康維持増進・疾病予防機能、いわゆる機能性に関する研究開発の推進及び機能性に着目した産業振興を目的とする。 今回は、この研究会について紹介します。
40 マナマコ摂取による口腔カンジタの抑制 生物資源育種研究部 矢野 明 口の中にカビが生える病気、口腔カンジタ症は、免疫力の低下した高齢者や、がん患者で、食欲低下や全身症状の悪化のため問題となっています。この病気について、カビの殺菌作用を持つことで知られるマナマコを加工食品として要介護高齢者に1周間食べてもらったところ、口の中のカンジタを減らす事ができました。
41
イサダまるごとプロジェクト イサダを活用した新商品開発 生物資源育種研究部 山田 秀俊  イサダは、三陸特有の水産資源で、10万トン以上の資源量がありながら有効活用されていない。そこで、イサダに含有される機能性オイル(EPA、DHA、8−HEPE)、動物性蛋白質、旨味、香味成分を製品化し、新商品として販売することでイサダの利用用途が拡大し、需要増加が見込まれる。


支援機関等

リエゾンーI研究開発事業化育成資金贈呈企業


 
○研究機関によるショートプレゼンテーション(15:15~17:00)
銀河ホール2Fにて、各ブース参加機関より、シーズ紹介のプレゼンテーション(各3分程度)を行う。

11.交流会
  会 場:盛岡市産学官連携研究センター(17:30~19:00)
  会費制2,000円/人

12.参加申込み・問い合わせ先

いわて産学連携推進協議会(リエゾンI)事務局
岩手大学三陸復興・地域創生推進機構まで
FAX 019-621-6892  e-mail: ccrd-ad@iwate-u.ac.jp
ご所属、お名前、連絡先電話番号、e-mail、交流会参加の可否を記載して、
FAXまたは、e-mailにて申込みください。