公開講座『「海のパイナップル」の子供で働く遺伝子を可視化する』開催のご案内

岩手県のスーパーマーケットで私たちが良く目にするマボヤ(成体)は、「海のパイナップル」と呼ばれ、姿形は私たちと全く異なりますが、実は、私たちと同じ、脊索動物に属します。その事実が最も良くわかるのが、マボヤのオタマジャクシ(幼生)です。本プログラムでは、この私たちにとって馴染みの生き物であるマボヤの幼生を用いて、遺伝子がどこで働いているかを可視化する技術WISHを体験して頂きます。

〇日      時: 1日目:11月 9日(土) 12:00~17:00
                     2日目:11月10日(日) 10:00~17:00 ※1時間昼休みあり

〇会     場: 岩手大学 人文社会科学部2号館 生物学 学生実験室
       ※集合場所:中央学生食堂前

〇講     師: 岩手大学理工学部 准教授 荒木功人

〇受  講  料: 無  料 

〇対  象  者: 市民一般 10人

〇申込締切: 11月5日(火)

お申込み方法

  • 受講ご希望の方は電話またはE-mailで下記の内容をお知らせください。
    1.お名前(ふりがな) 2.電話番号  3.ご住所 4.ご職業または学校名・学年
  • E-mailでお申込みいただく際は、件名に講座名をご記入ください。
  • メール受信後3営業日以内に受講の可否についてご連絡致します。岩手大学からの返信が無い場合はメールを受信できていないことがございますので、お手数ですがご連絡くださいますようお願い致します。
岩手大学 三陸復興・地域創生推進機構 生涯学習部門
電話:019-621-6492(土日祝日をのぞく9時~17時)
E-mail:renkei@iwate-u.ac.jp

 

地域社会のまち・ひと・しごと創生の実現を目指す教育研究及び
社会貢献の推進に取り組んでいきます

  • Facebook