岩手大学SIPプロジェクトの目的と概要

岩手大学では、ものづくり企業の技術力向上のため、岩手ネットワークシステム(INS)に代表される産学連携をベースに、ものづくり人材の育成や実用化研究開発にこれまで取り組んで参りました。
現在、政府の総合科学技術・イノベーション会議が主導する SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) /革新的設計生産技術において、本学のシーズ「分子接合技術」を活用し、幅広い製品分野において新たな機能性部材や軽量・低コストな製品を数多く創出する取組を進めています。本技術にご関心のある企業におかれましては、コンソーシアムへの参画をご検討ください。

>詳しくはこちらから

SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) /
革新的設計生産技術とは
SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)は、政府の総合科学技術・イノベーション会議が府省・分野の枠を超えて自ら予算配分し、基礎研究から出口(実用化・事業化)までを見据えて規制・制度改革を含めた取組を推進する国家プロジェクトです。

内閣府SIPサイト

分子接合技術とは

ホームページに関するお問い合わせはこちらから

岩手大学 三陸復興・地域創生推進機構 SIP/革新的設計生産技術   担当: 小川、河村
 ◆TEL 019-621-6292   FAX 019-621-6892
 ◆E-mail sipmono★iwate-u.ac.jp  ※ ★記号を「@」記号に置き換えて下さい。