公開講座「パピークラス@岩手大学」開催のご案内

子犬の時期は短くて、あっという間に成犬になります。生後3~12週齢を社会化期(しゃかいかき)といい、様々な物事に慣れやすく、また怖いものを知る時期でもあります。 この期間に他の子犬や飼い主以外の人と出会い、家庭以外の環境にふれることは、社会性を身につけさせ、問題行動を予防する上でもとても大切です。
子犬のしつけ教室では、無理せず、少しずつ新しいことに慣れさせる方法を練習します。

<開催の概要>

  • 7月2日、9日、16日、23日、30日(土曜日) 10:30-11:30開催  全5回
  • 岩手大学動物病院伴侶動物診療棟の待合室での開催になります。
  • 希望される子犬とご家族は複数の方が望ましいですが、1家族でも開催いたします。
  • ※ すでにパピークラスを受けている子犬がいる場合、合流する形での参加になる場合があります。

<子犬>

  • 生後12週齢~16週齢の健康な子犬が対象です。
  • 狂犬病、混合ワクチン、フィラリア、ノミ、ダニなどの予防は受けておいてください。
  • 当日に子犬の具合が悪い場合(下痢など)は、参加をご遠慮ください。なお、その場合も、
    飼い主さんのみのご参加はできますので、電話でお知らせください。
    連絡先:019-621-6238(岩手大学動物病院)

<参加者>

  • ご家族みなさんで参加いただけます。特に、男性、子供さんの参加をお待ちしています。

<内容>

  • 子犬をだっこしたり、なでたりして人の手に慣れさせる方法について。
  • トイレのしつけについて。
  • 子犬を遊ばせて興奮させ、どのように落ち着かせるか。
  • 子犬がかみついてきたときどうするか。
  • 子犬がひとりでも落ち着いていられるようにするにはどうするか。
  • ごほうびを使ったしつけの方法について。

その他、起こりやすい問題を予防する方法について説明します。

<持ってくる物>

  • カラー(首輪)、ハーネス(胴輪)など、子犬の体につけておけるもの。

    ※ カラーやリードは普段からつけることに慣らしておいてください。
    カラーをつけてから餌を与えたり、リードをつけた状態で遊ばせたりすると慣れやすいと思います。
    リードをつけて子犬を無理に引っ張ったりはしないでください。
    リードをつけて遊ばせるときは、周りのものにひっかからないように注意してください。

  • リード(引き綱)
  • 餌:ごほうびに使います。小粒のドライフードやおやつなど、子犬が好むものを何種類か用意してください。
  • おもちゃ:子犬のお気に入りのおもちゃを持ってきてください。
  • トイレの始末ができるもの:子犬は遊んでいるうちにトイレがしたくなることがあります。

<講師>

宮田 真智子 先生(獣医師)

<受講料>

全5回受講料:15,000円

<申し込み・パピークラスに関する質問>

以下のリンクよりお申し込みください。
http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~hospital/event/puppyclass.html

新型コロナウイルス感染症に対する対策にご協力ください。

  • 体調がすぐれないご家族の参加はご遠慮ください。
  • 37.5℃以上の発熱が認められる場合はご遠慮ください。
  • マスクの着用をお願いいたします。スタッフもマクスを着用します。
  • 来場時、待合室入り口にて検温をお願いしております。
  • 消毒薬を用意しておりますので、こまめな手指消毒をお願いします。
  • 講師の体調が悪い場合には急遽中止となる場合があります。