公開講座「ニワトリ胚への遺伝子導入」を開催しました

2021年12月4日(土)~5日(日)に公開講座「ニワトリ胚への遺伝子導入」を開催し、4名の方にご参加いただきました。

「発生生物学の歴史、鳥類の初期発生、脳の発生」と「組換え生物等実験について」と題した2つの講義を行った後、正常胚の観察と胚操作、遺伝子導入の実験を行いました。

手技の難度がかなり高い実験でしたが、数時間の練習の後、本番の実験を行ったところ、4名中1名が部分的に成功(胚発生が途中で止まったが、導入遺伝子由来の蛍光タンパク質の蛍光が確認できた)、1名が完全な成功でした(胚発生も順調であり蛍光も確認できた…下右図参照)。