NEXT STEP工房の
取り組み

  • 2019.04.12

    NEXT STEP工房って?

     初めまして。NEXT STEP工房運営チームです。初めての投稿ですので、まずは「NEXT STEP工房」について、紹介します。

     NEXT STEP工房は、岩手大学の学生による地域に関わる研究/活動プロジェクトを活発化することを目指す、地域活動/研究支援のプラットフォームです。2018年度から三陸復興・地域創生推進機構のプロジェクトとして各種支援を行ってきましたが、2019年度からは、地域創生部門(地域連携・創生センター)の下で、運営チーム(リーダー:人文社会科学部五味壮平教授)が運営しています。


     2011年3月の東日本大震災以降、多くの学生・教職員が沿岸被災地でのボランティアに参加していますが、本学には、現在も被災地の復興のために支援活動を続けるサークルや身近な地域の活性化やそこが抱える課題解決を目指して活動している学生主体のプロジェクトが多数あります。 それら学生団体が、より活動しやすい環境を整えるのが、NEXT STEP工房の役割です。学生団体同士の情報共有や連携のきっかけ作り、活動で困っていることなど各種相談受付、活動の場を提供してくれる地域探しのサポート、活動費の支援など、学生団体からの声(要望)がNEXT STEP工房を作っていきます。

     地域で活動している団体に所属している学生はもちろんですが、地域での活動に興味があるけれど、前に踏み出せないでいる学生の皆さんは、ぜひNEXT STEP工房に参加してください。自分に合った団体を見つけることができるはずです。


     参加申込方法ですが、団体としての申込フォームと個人としての申込フォームの2つがあります(下のQRコードを読み取るか、「団体用フォーム」、「個人用フォーム」をクリックしてください)。 団体の代表者は団体用フォームと個人用フォームの両方に、団体のメンバーや地域活動に興味のある学生は個人用フォームに必要事項を記入して申し込んでください。申し込みされた方は、後日、NEXT STEP工房参加者用のメーリングリストに登録しますので、ご了承の上でお申し込みください。ご不明な点や質問があれば、nextstep@iwate-u.ac.jpにご連絡ください。

     申込はいつでも受け付けておりますので、皆さんの参加をお待ちしております。

  • 2019.06.13

    地域で活動するには‥‥

     NEXT STEP工房では、地域をフィールドに行う研究や活動への活動費を支援するため活動プログラムを募集し、現在申請団体へのヒアリングの真っ最中です。
     地域を元気にする活動をしたい。仲間は集まった。活動する場所も決まった。けれども活動するための交通費や材料を買うお金はない‥‥という事は、地域での活動に限らず、何かをしようとする時に直面する大きな壁です。その壁を取り除こうというのが、現在ヒアリング中の活動プログラム支援なのですが、支援にかける予算には限りがありますし、タイミングが合わずに申請できなかった、という方もいらっしゃるでしょう。

     最近はクラウドファンディングを通じて活動資金を調達する団体も多く見られますが、学生の身分で、見ず知らずの方たちからお金をもらうのは、その責任の重さなどハードルが高いと感じる方も多いだろうと思います。
     そこで注目したいのは、自治体や財団等が行う補助金・助成金への応募です。自治体や財団等による補助・助成は、主催する団体等がテーマを設定し、それに沿った活動を募集し、良い活動には活動費を支援するものですが、自分たちがやりたいと思っている活動と募集しているテーマが合っていると思ったら、ぜひチャレンジしてみてください。「こんなことをやりたい!」という思いを他人に伝える経験は、結果に関わらず、将来役に立つ時が必ずあると思います。

     補助金・助成金に関する情報は、特定非営利活動法人いわて連携復興センターさんのホームページにある「助成金・支援制度」のページが、県内自治体が行う助成等も掲載されていておすすめです。自分たちの活動に合いそうな助成金等があれば、その主催団体のホームページ等で詳しい情報を確認してください(いわて連携復興センターさんに問い合せることのないようご注意願います)
     いわて連携復興センターさんは、県内の中間支援組織(行政と地域の間で様々な活動を支援する組織)が集まり、東日本大震災被災地で復興や自立のために支援を必要とする人々と全国からの支援を繋ぐ活動に取り組まれています。詳しくはホームページをご覧いただき、より具体的な活動などを知りたい方はフォームから問い合わせてみてください。

    いわて連携復興センターロゴ
  • 2019.06.06

    活動プログラムの申請状況

     5月31日締め切りで募集した「活動プログラム」ですが、予想を大きく上回り、20団体から26件の申請書が提出されました。
     明日(7日)から再来週21日まで、審査委員会による申請団体へのヒアリング(申請内容のプレゼンテーションと質疑応答)が行われます。プレゼンする学生さん達は準備や緊張で大変だと思いますが、審査委員の方々も、申請者の皆さんのプレゼンに真剣に耳を傾け、的を射た質問をするのは、本当に大変だろうと思います(1日に7件のヒアリングを行う日もあるようです)。経験豊富な先生方が審査委員なので、申請者が話しやすい雰囲気を作ってくれるだろう、と勝手に安心してはいますが‥‥

     採択する活動プログラムが決定し次第、ここで活動プログラム名等を報告します。採択決定後は各団体の活動も本格化すると思いますので、自分の気になっている団体のSNSなどをチェックしてみてください!

  • 2019.05.27

    活動プログラム募集中!

     NEXT STEP工房では、2019年度の活動プログラムを募集中です。
     5月14日の投稿にもありますが、本学の学生・大学院生が代表を務める県内をフィールドに活動・研究する団体・プロジェクトを対象に、40万円を上限に活動費を支援します。募集要項や申請書様式は5月14日の投稿をご確認いただきたいのですが、申請書の提出は5月31日(金)までにこちらにご提出ください。

     1団体で複数の申請も可能ですので、皆さんからの「熱い」申請書をお待ちしています。
     なお、申請書を提出された代表者には、審査のため面接を行います。面接のための日程調整をメールで行いますので、代表者の方は、申請書提出後にメールの確認をこまめに行っていただきますようお願いいたします。

地域社会のまち・ひと・しごと創生の実現を目指す教育研究及び
社会貢献の推進に取り組んでいきます

  • Facebook