共同研究員

相互友好協力協定締結自治体との共同研究

岩手大学は、県内の13 の自治体※と文化・教育・学術の分野で支援及び協力をするために相互友好協力協定を締結しています。
また、実践的な取り組みとして、相互友好協力協定締結自治体の5 市と共同研究を行い、三陸復興・地域創生推進機構地域創生部門に市職員を共同研究員として受け入れています。
※旧水沢市と旧江刺市を含む

  1. 相互友好協力協定締結自治体
  2. 相互友好協力協定締結自治体・共同研究

釜石市
(平成13年3月5日相互友好協力協定締結)

釜石に関わる産学官連携や、東日本大震災からの復興に係る協働のコーディネート・実践的調査研究を行っています。
釜石市は農林水産業、ものづくり、食品加工、観光、スポーツ等と多様な資源を持っています。共同研究員は、これらを岩手大学の持つ研究技術や学生との協働とかけあわせ、地域の可能性を探求します。
これまでの主な成果として、高付加価値合金の開発、特産品の6次産業化による新商品開発、水産物輸送新技術の移転、観光・まちづくりへの学生提言などがあります。
今後は、釜石市に設置された岩手大学三陸水産研究センターや岩手大学釜石キャンパスと協力し、地域と大学生による地域創生のための活動も期待されます。

船による観光資源調査の様子 釜石市共同研究員 井上 諭宜

北上市
(平成13年10月26日相互友好協力協定締結)

北上市では、長年に渡り企業誘致に注力し、県内でも有数の工業地帯を有しています。平成29年4月には、地域の中小企業を包括的に支援する「北上市産業支援センター」を設置し、隣接する金型技術研究センター、工学研究科金型・鋳物工学専攻等と連携し、地域企業と大学との共同研究・技術支援を強化してまいりました。
しかしながら、技術革新に伴う産業構造及び少子高齢化などの社会情勢の急激な変化に伴い、働き手の減少など新たな課題が顕著になってきており、中長期的な企業価値の向上や新たな就業構造に対応した制度整備など、市町村に求められている役割は大きくなっています。
今後、本市及び周辺地域の経済の活力の維持・発展のために、産学官金の連携を強化し、次世代産業の創出と人材の育成に力を入れてまいります。

産業支援センターにおける技術支援(北上市提供) 北上市共同研究員 千田 慎平

盛岡市
(平成14年11月25日相互友好協力協定締結)

盛岡市は、産学官連携の実践的研究をテーマとして、共同研究員を岩手大学に派遣することにより、大学と市内企業との連携を進めています。また、連携を進めることにより、持続可能な産業振興や地域創生に向けた方策を検討しています。共同研究員は、市役所では商工観光部ものづくり推進課立地創業支援室に所属していますが、大学では市役所の事務分掌に関わらず、様々な案件に関わっています。
現在は、食品パッケージデザインに係る連携を中心に、大学教員と企業との連携のお手伝いをしています。今後は、学生との更なる連携についても、検討していきます。

辞書を思わせるデザインの「減塩新書 いわて健民」(減塩対策醤油) 盛岡市共同研究員 金澤 健介

久慈市
(平成18年2月22日相互友好協力協定締結)

久慈市内企業・団体や行政機関への訪問活動を通じて課題の聞き取りを行い、その解決に向けて、岩手大学を中心とした教員・研究者とのマッチングから一連のやり取りにおけるサポートを軸に産学官連携の円滑化のための活動を行っております。これまでの成果の一部として、魚介乾製品の高付加価値化、地域素材の高度な基礎研究を通じた新商品開発、防災に関わるアプリケーション開発などがあります。
また、大卒者を中心とした若者の市内就職率の増加を目標に、岩手大学の関係部署、市や市内企業と連携・協力し、相互の情報収集・提供を行いながら、関係事業の実施や市内高校との高大連携規格など、目標達成に向けた活動を行っております。

地域課題解決プログラム現地調査の様子 久慈市共同研究員 大内田 泰之

八幡平市
(平成21年3月25日相互友好協力協定締結)

八幡平市は、企業、団体及び地域が抱える課題等に対し産学官連携により解決を図ること目的として三陸復興・地域創生推進機構へ共同研究員として職員を派遣しています。
共同研究員は、主に大学と共同研究・技術支援を希望する企業や地域の取組みに支援が必要な団体等との間に立ち、それぞれをつなぎ、サポートをする活動を行っています。活動の一部として、地域防災研究センターと地域が連携した「地域防災マップ」の作成、大学が開発した農作物の地場定着化へ向けた産学官と農商工との連携による取組み、様々な課題に対し少人数で解決に向け話合う車座研究会の開催などがあります。

防災に関するワークショップ 八幡平市共同研究員 佐々木 靖人

地域社会のまち・ひと・しごと創生の実現を目指す教育研究及び
社会貢献の推進に取り組んでいきます

  • Facebook