共同研究員

相互友好協力協定締結自治体との共同研究

岩手大学は、県内の13 の自治体※と文化・教育・学術の分野で支援及び協力をするために相互友好協力協定を締結しています。 また、実践的な取り組みとして、相互友好協力協定締結自治体の4市と共同研究を行い、三陸復興・地域創生推進機構地域創生部門に市職員を共同研究員として受け入れています。 ※旧水沢市と旧江刺市を含む

  1. 相互友好協力協定締結自治体
  2. 相互友好協力協定締結自治体・共同研究

釜石市
(平成13年3月5日相互友好協力協定締結)

釜石市は釜石に関わる産学官連携や、東日本大震災からの復興に係る協働のコーディネート・実践的調査研究を行っています。 釜石市は農林水産業、ものづくり、食品加工、観光、スポーツ等と多様な資源を持っています。共同研究員は、これらを岩手大学の持つ研究技術や学生との協働とかけあわせ、分野を問わず地域の可能性を探求します。これまでの主な成果として、高付加価値合金の開発、特産品の6次産業化による新商品開発、水産物輸送新技術の移転、観光・まちづくりへの学生提言などがあります。 また、これからは新しい時代の変化に合わせた新しい地域づくりや問題解決の仕組み づくりが必要となることから、大学と自治体の連携の必要性は高いと考えられます。岩手大学に常駐する共同研究員として各分野と大学との調整役としてサポートを行い、企業、自治体、団体、学生、研究者等と共に活動することにより、より密な連携、新しい可能性の探求や無駄のない合意形成が図れることが期待できます。

釜石 柿の葉寿司の開発 釜石市共同研究員 澤口 なつ美

盛岡市
(平成14年11月25日相互友好協力協定締結)

盛岡市は、産学官連携の実践的研究をテーマとして、共同研究員を岩手大学に派遣することにより、大学と市内企業との連携を進めています。また、連携を進めることにより、持続可能な産業振興や地域創生に向けた方策を検討しています。共同研究員は、市役所では商工観光部ものづくり推進課立地創業支援室に所属していますが、大学では市役所の事務分掌に関わらず、様々な案件に関わっています。 現在は、地域材の利活用推進に向けて、教員・学生、企業、商店街及び行政の連携のお手伝いをしているほか、食品のパッケージデザインに係る連携などにも関わっています。

辞書を思わせるデザインの「減塩新書 いわて健民」(減塩対策醤油) 盛岡市共同研究員 工藤 啓

奥州市
(平成18年11月19日相互友好協力協定締結)

奥州市と岩手大学とは、岩手大学鋳造技術研究センター水沢サテライトの設置による鋳物産業振興など、すでにさまざまな連携による成果を生み出してきています。 このたび奥州市は、産学官連携、関係機関との連携プラットフォーム形成、横断的ワンストップサービスの展開などのための体制として、市役所企業振興課内に企業支援室を設けました。このことを背景に、主に産業支援面での岩手大学との連携をさらに強化するため、共同研究員を派遣しています。 企業・事業者の次ステージへの展開や、それに触発された地域産業全体の発展を目指し、岩手大学と企業・事業者との新たな連携につながるような活動を行っていきます。

岩手大学鋳造技術研究センター水沢サテライトが入居する奥州市鋳物技術交流センター 奥州市共同研究員 上條雄喜

八幡平市
(平成21年3月25日相互友好協力協定締結)

八幡平市は、企業、団体及び地域が抱える課題等に対し産学官連携により解決を図ること目的として三陸復興・地域創生推進機構へ共同研究員として職員を派遣しています。 共同研究員は、主に大学と共同研究・技術支援を希望する企業や地域の取組みに支援が必要な団体等との間に立ち、それぞれをつなぎ、サポートをする活動を行っています。活動の一部として、地域防災研究センターと地域が連携した「地域防災マップ」の作成、大学が開発した農作物の地場定着化へ向けた産学官と農商工との連携による取組み、様々な課題に対し少人数で解決に向け話し合う車座研究会の開催などがあります。

防災に関するワークショップ 八幡平市共同研究員 武田 孝紀

地域社会のまち・ひと・しごと創生の実現を目指す教育研究及び
社会貢献の推進に取り組んでいきます

  • Facebook